防府天満宮の七夕まつり(2014年)

今年は御神忌1111年を記念する節目の年。

防府天満宮の七夕2014年_01
防府天満宮の七夕2014年_02
防府天満宮で行われた「七夕まつり」に行って来ました。御祭神である菅原道真公も願いをかけたと言われる七夕。今年は御神忌1111年記念ということで、いわゆる節目となります。本殿の周辺は竹灯篭、そして境内はライトアップされ幻想的な空間に包まれます。

七夕祈願祭、光の斎庭、七夕茶席、彦星☆織姫コンサート、笹飾り短冊奉納などのイベントが1週間かけて行われます。しかし今年は天気が悪く、台風8号も接近中ということで、なかなか天候に恵まれません。撮影日は7月5日の土曜日ですが、ギリギリでしたね。次の日だったら大雨でした。しかし雨と言っても単純に嫌うのはまだ早い。七夕に降る雨には色んなエピソードがあるので、少し書きますね。

七夕の前日に降る雨を「洗車雨」と呼ぶらしく、彦星が織姫に会いに行くための牛車を洗うんだってさ。今年は前日(6日)に雨が降ったので、この洗車雨が見れたということになりますね。あと「催涙雨」という七夕の日に降る雨もありましてですね、これは二人が会えない悲しみで流す涙が雨となって降るそうです。(または会った後の惜別の涙とも呼ばれる)つまり今年2014年は「洗車雨」「催涙雨」のどちらも見れたということで、ある意味では貴重な年だったのかなと。

牛乳パックで造った1000個の灯篭が並ぶ。

防府天満宮の七夕2014年_03
防府天満宮の七夕2014年_04
防府天満宮の七夕2014年_05
実は管理人が七夕まつりに行ったのは今回が初めて。なので人が多いのか少ないのか分かりませんが、おそらく500人前後の来場だったのかなと。カメラマンは日が暮れるまえに既にいい場所を取ってスタンバイしてました。なので市外からの見物客もそれなりに居たと思います。

光の斎庭(ひかりのゆにわ)では短冊の代わりに牛乳パックで造った灯篭に願い事を書き、それを境内に並べ光を灯します。パックが天の川のように綺麗ですね。しかもエコ٩(●˙▿˙●)۶正確な数は不明ですけど、約1000個ほど並べているそうです。

基本的に管理人は雰囲気を味わう+写真撮影が目的だったのですけど、とにかくいい場所は人が多い。もう順番待ちです。純粋に家族やカップルで七夕を楽しみにしている人からすれば邪魔だったのかも知れませんね。なので早めに撮って早めに撤収しました( ´ω` )

地味ですけど落ち着いた雰囲気が味わえます。

防府天満宮の七夕2014年_06
防府天満宮の七夕2014年_07
宮城県仙台や神奈川県平塚で行われる七夕に比べると地味というか、派手なパフォーマンスはありませんけど、このまったりした雰囲気は個人的に好きです。できれば子供を連れて家族で行ってみたいですね。独身ですけども(´-ω-`)

モデルになっていただいたCさん(仮名)でお別れ。

防府天満宮の七夕2014年_08
前回の御田植祭でもモデルになっていただいたCさんです。今回は七夕バージョンということで、背景は特大の笹飾りを入れてみました。このカメラ目線が何ともいいですね。Cさん今回もありがとうございました。そして遅くまでお疲れ様でした。またお願いします(ง •̀_•́)ง

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ