約1000匹のホタルが一斉に飛び出すくす玉割り。

長穂地区のホタル_01
長穂地区のホタル_02
長穂地区のホタル_03
周南市北部に位置する長穂地区。そこに流れる莇地川(あどうじがわ)や錦川はホタルの名所として知られ、6月上旬頃からゲンジボタルの乱舞を見ることができる。里の資源であるホタルを生かしたまちづくりを進めており、特に「長穂ほたる祭り」は長穂小学校を舞台に、地域住民が一体となり力を合わせ開催される。山口県内でも有数のホタル祭りであり、市外からも多くの見物客が訪れます。グラウンドが会場となるのですが、隙間がなくなるくらいの人出。そしてステージでは様々な催しが行われる。

祭り自体は他の夏祭りと比べて大差ないのですが、最大の目玉は「ホタルのくす玉割り」と呼ばれるもの。約1000匹(年によって数は変わる)のホタルが入ったくす玉を会場の中央、高さ3~4mのロープでぶら下げます。照明を全て消し、くす玉を割り、ホタルが一斉に飛び出し光を放つ光景は圧巻です。これだけでも見に足を運ぶ価値はあります。

案内看板が多く駐車場までのアクセスが分かりやすい。

長穂地区のホタル_04
長穂地区のホタル_05
長穂地区のホタル_06
祭り当日は同地区の翔北中学校や、長穂小学校のすぐ側にあります旧長穂中学校跡地が臨時駐車場として開放され、無料シャトルバスも運行されます。会場付近はいたるところに駐車場の看板が出ているので、案内に従っていれば迷うことはありません。315号線沿いを走っていれば分かると思います。

最後まで幻想的な光で楽しませてくれる祭りです。

長穂地区のホタル_07
長穂地区のホタル_08
長穂地区のホタル_09
会場へ続く道は竹の灯篭がいくつも設置(おそらく道が暗くなるので安全性も考慮してるのだと思います。)されており帰り道も幻想的になっている。最後の最後まで楽しませてくれるホタル祭りである。

基本情報

場所 〒745-0125
山口県周南市長穂1692-2(長穂小学校)
鑑賞期間 6月上旬~6月中旬
おすすめ時間帯 20時前後(くす玉割り)
不明
種類 ゲンジボタル
アクセス ①徳山駅から車で約25分
②長穂バス停から徒歩2分
駐車場 無料(台数不明)
6時を過ぎる頃から混雑し始めるので、できれば早目に駐車場を確保した方がいいです。祭りが始まる5時くらいであれば、駐車場も比較的空いています。
人の多さ 多い(3~4000人の人出)
料金 見学無料
周辺施設 トイレ、屋台(まつり期間中)
周辺の観光地 特になし
周辺おすすめスポット 芝桜交流の里(芝桜/4月)
大道理公民館(ホタル/6月)
他のおすすめ季節 特になし
イベント情報 6月上旬~中旬に「長穂ほたる祭り」が開催される。内容は年によって変わりますが、ステージイベントをはじめ、お楽しみ抽選会などが行われます。
注意事項 会場は大変混雑しますので、小さなお子さんは迷子にならないよう注意が必要です。また周辺は真っ暗なので、安全のため懐中電灯などを持ってきて下さい。会場内の混雑具合から食べ物や飲み物を持って歩くとぶつかる可能性が高い。
管理人から 人口1000人に満たない田舎町に3~4倍以上の人が集まる長穂のホタル。しかしその理由も納得でした。あのホタルのくす玉は圧倒的。いつまで続くイベントか分かりませんが、山口県民なら必ず生で1度は見た方がいい。企画も盛り沢山で、家族・友達・カップル全ての方々が楽しめるホタル祭りだと思いました。
しいて悪いところを書くなら少し会場が狭いこと。最も混雑する8時前後は会場内を歩くだけでも大変。グラウンドの半分を会場、半分を関係者駐車場としてるので、もう少し広く使えて座れる場所が増えればなぁと。

地図