約3ヘクタールに10万本のひまわりが咲き乱れる。

萩ひまわりロード_01
山口県萩市むつみ村の伏馬山の麓に咲くヒマワリ。数はおよそ10万本(3ヘクタール)。7月下旬~8月上旬が開花シーズンで、多くの観光客で賑わいます。ひまわりロードフェスタ(お祭りのようなもの)では、萩市むつみ村の特産品の販売や写真コンテストなど、家族で楽しめるイベントが盛りだくさん。

県道沿いに咲いているので場所も分かりやすい。山口県でも1・2を争うほどのひまわり畑なので、見物客だけでなく、家族・カップル、そして多くのカメラマンの方が集まってました。品種もテディベア?(詳しくありませんが)という珍しいものも。

展望台から見渡せば圧巻の光景が広がります。

萩ひまわりロード_02
萩ひまわりロード_03
ひまわりロードに咲いているひまわりは、どれも2m前後あるものばかり。普通に歩いても全体を見渡すことはできません。が、鉄パイプで組み立てられた4mほどの簡易な展望台があり、そこへ上ると全体を見渡せます(ただし安定感が微妙で少しグラグラします)

段々畑になっているので、上へ歩けば全体を見れますが、ひまわりが裏側になるので、あまり行く意味はありません。もはやひまわり畑というより「ひまわり林」と言った感じ。

丈が長く風の影響を受けやすいのがやや難点。

萩ひまわりロード_04
萩ひまわりロード_05
デメリットとしては、周囲にこれと言った観光地やスポットもなく、アクセスが良くないということでしょうか。近くに高速が通ってないので、例えば鹿野ICから車で1時間弱かかりますし、萩市街からでも車で40分くらいかかります。混雑はしないのですが、やはり到着までかかる時間がネックになりそうです。多少の時間をかけても見る価値はあるかと思うのですが、田舎なのでバスや電車など公共交通機関を使えないのも難点。

もう1つ、2mもあるひまわりなので、台風などの影響は受けやすいと思われます。過去にも台風の影響で咲き方が微妙なときがあったそうです。もしお越しの際は天候を確認した方が確実です。

基本情報

場所 〒758-0303
山口県萩市大字高佐下伏馬
※正確な住所がありませんので「むつみ中学校」を目印にすると分かりやすいと思います。むつみ中はひまわり畑と同じ13号線沿いに位置します。
シーズン期間 7月下旬~8月上旬(気候により時期の前後あり)
本数 約10万本
種類 不明
夜間観賞 不可(ライトアップなし)
営業時間 通年
定休日 なし
アクセス ①萩市街から県道11号を津和野方面へ車で約40分
②JR須佐駅から車で約60分
駐車場 無料(正確な台数は不明)
ひまわり畑の脇にも数台停めれます。
バリアフリー 対応していないが段差はなし。
料金 見学無料
人の多さ 普通(ロードフェスタは4000人の人出)
イベント情報 7月下旬には「ひまわりロードフェスタ」が開催される。地元の特産品の販売や写真コンテストなどがあります。
周辺施設 特になし
周辺の観光地 特になし
周辺おすすめスポット むつみ昆虫王国(7月/昆虫採集)
むつみ温泉(年中/温泉)
他のおすすめ季節 特になし
注意事項 特になし
管理人から 地元である萩やむつみ村はもちろん、山口県外から見に来る人もいるほどの名所。せっかくなので、この期間くらいは駐車場をもっと充実した方がいいのかなと。あと分かりやすく看板を立てるとか。初めて来る人は道に迷いますし、どこに車を停めたら良いのか分からなくなります。
しかし10万本がほぼ密集して咲いているのは、たしかに圧巻の光景。全国には100万本以上とまだまだ上がありますけど、山口県内ではトップ。ここはぜひ来てほしいスポットですね。若い女性の見物客も多いので、ぜひカップルでもどうぞ。

地図

Pocket
LINEで送る