平子重経が開祖の源久寺は大賀ハスの名所。

源久寺の大賀ハス_01
山口市仁保にあります源久寺は、鎌倉時代の建久8年(1197年)源頼朝の家来であり、ここ仁保地方の地頭職として来任した平子重経が源氏の繁栄を祈願して建立。そして平子重経の死後、この源久寺を菩薩寺としました。

鎌倉中期の作品である重経の坐像は木造で高さ88cm、平成4年に国指定重要文化財に指定されました。榧材(榧=かや。幻の高級材と言われる)の寄木造りである僧の服装をしていますが、こうした一般人の肖像は珍しいようで、歴史資料としても価値が高いものになっている。

1984年に境内下の休耕田に植えたのが始まり。

源久寺の大賀ハス_02
源久寺の大賀ハス_03
源久寺の大賀ハス_04
源久寺に咲いている蓮は、約2000年前と見られる古代蓮の種を発芽させた考古学者・大賀一郎の名をとった「大賀蓮=オオガハス」と呼ばれるもの。ご住職が昭和59年(1984年)に知人から譲り受けた、たった3株の蓮を植栽したことが始まりで、現在では休耕田いっぱいに広がるように咲いています。

その休耕田は源久寺より来た道を少し下りた場所。県指定重要文化財であり、平子重経の墓と伝えられる「宝篋印塔=ほうきょういんとう」の周囲に広がります。休耕田は2枚あり、規模は7アールほど(1アールが0.01ヘクタール、坪だと約30坪)。広くはないが、隣接する睡蓮の田園とともにギッシリと根を張っている。

毎年ピークは7月下旬が多く、早朝に満開を迎えます。

源久寺の大賀ハス_05
見頃は気候によって変わりますが、だいたい7月下旬。多いときは150個の花が開くらしい。特に早朝から午前中が綺麗です。古寺と田園、そして古代ハスの調和が見どころとなっており、シーズン中は多くの参拝者の目を楽しませてくれます。

また、源久寺の蓮は山口大学にも株分けしているので、吉田キャンパス内で同じものを見ることができる。規模で言うとこちらの倍以上ありますので、そちらにも足を運んでいただきたい。

案内表示はありますが小さく見落とす可能性もあります。

源久寺の大賀ハス_06
源久寺の大賀ハス_07
源久寺の大賀ハス_08
源久寺の大賀ハス_09
源久寺までの行き方(アクセス)ですが、国道262号線から県道26号線に入り、そのまま10分ほど真っ直ぐ進めば「源久寺」の案内看板が小さく見えてきます。この看板は国道262号線から来れば左手になります。

案内看板を曲がり(蔵波瀬橋を渡り)少し進むとT字に分かれますので、そこを右折してください。右折すれば間もなく左手に源久寺が見えてきますので、そこを道なりに進めば着きます。

駐車場は広くおよそ15台ほど停めれるので、蓮のシーズン中であっても混雑することはありません。ただし駐車場までの道幅が少し狭くなってますので注意して下さい。

基本情報

場所 〒753-0303
山口県山口市仁保下郷土井2910-1
シーズン期間 7月上旬~8月中旬(見頃は7月下旬)
本数 不明
種類 大賀ハス
夜間観賞 不可
営業時間 通年
定休日 不明
アクセス ①山口駅から車で約30分
②山口ICから車で約20分
③道の駅「仁保の郷」から車で約3分
駐車場 無料(約15台)
バリアフリー 段差なし。
料金 見学無料
人の多さ 普通
イベント情報 特になし
周辺施設 特になし
周辺の観光地 特になし
周辺おすすめスポット 仁保一貫野(藤/4月)
他のおすすめ季節 特になし
注意事項 特になし
管理人から 山口市内ではそこそこ有名な蓮の名所。山から流れる水を利用しており、ため池とは違い少しの清涼感があるのが良い。とはいえ周囲は民家と木々に囲まれているので、開放感がない。何だか狭く感じました。
寺のすぐ側に咲いているのかと思いきや、少し坂を下ったところに咲くので、景観もそこまで良いとは言えない。もっと古寺を生かした場所に咲いて欲しかった。できれば境内に。個人的に山口市内なら株分けした山口大学の方が道も分かりやすいし、数も多くなったのでオススメです。

地図

Pocket
LINEで送る