標高631mのスケールの大きな夜景を。

大平山の夜景_01
大平山は防府市を一望できる夜景スポット。標高も631mとかなり上から見下ろすことができます。ここへ上るには車とロープウェイと2通りあるのですが、ロープウェイが稼働しているのは夕方まで(期間によって夜間運行もあります)なので、夜景を見るなら車で山頂付近の駐車場まで行く必要があります。

また大平山の途中に小さな車を停めるスペースがあり、そこからも夜景を眺めることができます。ここは車内から楽しむことができるのでデートにも最適。山頂は天候に左右されやすいので、この山道途中の方が綺麗と言う方もいらっしゃいます。

見晴らしが良く開放感のある眺め。

大平山の夜景_02
昼間はロープウェイを使って家族連れの方や行楽客でにぎわってます。ただ標高が高いおかげか晴天時でないと見晴らしは微妙。昼間に来るなら天気を確認した方がいいです。また春先は黄砂の関係でなかなか遠くまで見れなくなるとのこと。前日に雨が降ると九州の国東半島や、大分県の姫島や由布岳もうっすらと見ることができます。

昼間の写真を見た限りでは、大きなビルも見当たりませんし、民家の明かりが綺麗に見えるのだと思われます。

風が強いときはガラス張りの展望台で。

大平山の夜景_03
一応、山頂には展望台があります。ただ多少高い位置から見えるようになる程度なので、そこまで特別景色が変わるわけではありませんでした。ロープウェイ乗り場から目と鼻の先に設置してます。

民家が多く派手さはあまり感じないか。

大平山の夜景_04
大平山の夜景_05
夜間のロープウェイは期間限定なので、基本的に山頂の駐車場に車を停めることになります。だいたい徒歩で5分くらい。しかし途中の山道から見える夜景の方が人気なのか、それとも歩くのが面倒なのか、ここにはほとんど人はいないようです。

写真を見て分かる通りそこそこ綺麗に見えますが、やはり民家の明かりが多く下関の海峡ゆめタワーから見える夜景のような派手さはありませんね。

また遊歩道を歩く必要があるのですが、街灯もない真っ暗な道ですので、安全のためになるべく懐中電灯を持って行った方がいいです。また標高が高いので静けさはあるものの、風が強い日も多く、冬は特に厚着で行った方がいいでしょう。

手軽に見るなら山道がおすすめ。

大平山の夜景_06
こちらが大平山へあがる途中から見える夜景。山頂と比べて分かる通り、それほど差はありません。むしろ車中から見えるのでカップルにはこちらが人気なようです。

基本情報

カップル多い? カップルよりは友達同士が多いような。カップルは山頂に登るときに見える山道で見ることが多い。
美しさのレベル ★★★☆☆
標高631mから見渡せる景色は良いが、民家ばかりで派手な夜景ではなかった。
雰囲気はどう? 街灯がなく真っ暗で風が強い日が多い。雰囲気は微妙かも。
住所 山口県防府市大字富海
アクセス ①山陽自動車道防府東ICから車で約30分
営業時間 終日解放
場所は分かりやすい? 山を車で走らせるだけなので分かりやすい。
スポットまでの徒歩(距離) 駐車場から3~4分
車から見える? 見えない。途中の山道からは見れる。
駐車場 多数(無料)
※正確な台数は不明です。
周りの施設 展望台、自動販売機、ベンチ、トイレ
周辺おすすめスポット 阿弥陀寺(あじさい/6月)
他のおすすめ季節 つつじ(4月)
料金 無料
管理人から 山麓と山頂の気温差が3~4度ほどあるみたいなので、夏以外はちょっと1枚多めに服を着た方がいい。ロープウェイの夜間運転はお盆の時期のみらしいので、家族で見に行きたい方はぜひ。どうでもいい情報かも知れないが東京スカイツリーの高さとほぼ同じ。
正直、わざわざ歩いてまで展望広場まで行く必要はない。途中の山道も景色は変わらない。ただし夕日を見に来るなら話は別。夜景よりも綺麗だったかも知れない。少し早く来れる方はぜひ。

地図

Pocket
LINEで送る