重要文化財と桜の絶妙なコントラストが。

東光寺の桜_01
山口県萩市にあります東光寺は、元禄4年(1691年)に萩藩3代藩主である毛利吉就が建立した黄檗宗の名刹であり、総門、三門、大推宝殿、鐘楼がその名残をとどめており、それぞれが国指定の重要文化財に指定されています。

山口県では桜の名所として知られていませんが、朱色の総門とのコントラストや、三門から輝く桜が素晴らしい。本数も少なく珍しい品種も見られないが、一風変わった桜の散策が楽しめる場所。桜のシーズンは花見がてら参拝する方が多くいらっしゃいます。

三門から覗く桜が1番の見どころ。

東光寺の桜_02
東光寺の桜_03
東光寺で1番のビューポイントは10代藩主の毛利毛利斉熙が寄付(勧進)したとされる三門の表・裏から見れる桜。外からは見ることができず、拝観料を支払い中からでないと見れません。ただそれだけ価値のある眺めだと思います。

桜の名所としてはやや物足りないか。

東光寺の桜_04
東光寺に咲く桜は本数は不明でしたが、おそらく2~30本くらいかなと。種類はソメイヨシノと枝垂れ桜が1本だけ確認できました。そのほとんどが、この本堂へ続く道に集中しています。桜の散策を目的に来た方は物足りないかも知れません。

基本情報

場所 〒758-0011
山口県萩市椿東1647
シーズン期間 3月下旬~4月上旬(気候により時期の前後あり)
本数 不明(おそらく2~30本)
種類 ソメイヨシノ、シダレザクラ
ライトアップ なし
営業時間 8時30分~17時(入館16時30分まで)
花見(宴会) 不可
人の多さ 少ない
アクセス ①防府東ICから車で約50分
②JR東萩駅より車で5分
駐車場 無料(約20台)
料金 大人(高校生以上)300円
子供(小・中学生)150円
周辺施設 売店、トイレ、自動販売機
周辺の観光地 吉田松陰誕生地(徒歩で約5分)
伊藤博文別邸(車で約7分)
玉木文之進旧宅(車で約5分)
松陰神社(車で約3分)
周辺おすすめスポット 陶芸の村(夜景)
他のおすすめ季節 紅唐子(3月)
紅葉(11月)
注意事項 段差も多く足元がかなり悪いので車椅子での入館は難しい。
市外から来る価値はあるか ない
管理人から 特別な景観は見られるものの、やはり桜の名所とは言えないだろう。どちらかというと紅葉の方が綺麗のような気がする。桜のみを見るなら外からで十分かも知れません。
ただ周辺には吉田松陰誕生地や、伊藤博文旧宅、また松陰神社など観光地が近いので、それらを併せて周るといいでしょう。

地図