早咲きと遅咲きの梅で長い期間楽しめる。

萩往還梅林園の梅_01
萩往還梅林園の梅_02
萩往還梅林園は萩有料道路開通と地域作りの推進事業として、平成4年の3月にオープンしました。園内は約11種類300本の梅が咲き、開花時期によっては椿と共に楽しむことができます。遊歩道も整備されており、池や東屋など庭園を歩くように散策できるのが特徴。またオープン間もないので若い木もある。

※32号線沿いから見渡せます(写真上)

バリアフリーにも対応しており(写真下)車椅子でも入ることができる。また駐車場から近いので移動距離も少ない。種類によっては1月下旬から咲きはじめる(蓮久など)梅もあるので、比較的長い期間楽しめる。県外から来る人もいるほどの名所。

狭い敷地に多くの梅木が立ち並ぶ。

萩往還梅林園の梅_03
萩往還梅林園の梅_04
お茶会などイベント(年によって変わる)は開催されますが、普通に散策するだけなら15~20分程度で終わります。駐車場からつながっているので、パッと行ってパッと帰れるスポット。

園内は写真のように梅がビッシリと咲いている。遊歩道を歩けばどこを見渡しても同じような光景が広がります。そこまで広くない敷地に300本もたっているので、その密度が他の名所と違うところ。

品種も豊富で見どころも多い。

萩往還梅林園の梅_05
萩往還梅林園の梅_06
萩往還梅林園の梅_07
萩往還梅林園の見どころは多数あるのですが、池の水面に映る梅(写真上)と、東屋の側に咲く枝垂れザクラ(写真中)はぜひ見て欲しい。実は山口県の梅の名所の中で、水面に映る梅が見えるスポットは少ないんです。天候に左右されやすいのですが、ここはかなりハッキリと映ってくれる。

そして緑萼枝垂=りょくがくしだれ(写真下)。白梅の主要品種であり花弁が小さくクッキリした花形、またその名の通りガクが薄緑色で枝も鮮やかな緑色。園内では一際目立って咲いてます。

萩名産の夏みかんも忘れずに。

萩往還梅林園の梅_08
萩往還梅林園の梅_09
そしてもう1つの隠れた見どころは、萩の名産である夏みかんと梅が一緒に見れる場所。園内の隅っこに実が生っているので気づく人は少ないはず。

基本情報

場所 〒758-0061
山口県萩市大字椿1125
シーズン期間 1月下旬~3月中旬(気候により時期の前後あり)
※種類によって開花が異なるので長く楽しめる
本数 約300本
種類 思いのまま、緋の司、白玉梅、豊後、春日紅、古今集、冬至、緑萼枝垂、白牡丹、鹿児島紅、酔月、玉光枝垂
夜間観賞 不可(ライトアップなし)
ペットの入園
営業時間 拝観自由
定休日 無休
人の多さ 多い
アクセス ①道の駅「萩往還」から車で3分
②JR萩駅から徒歩25分
駐車場 普通車10数台、大型車4台(無料)
※駐車場は入れ替わりが激しく入口付近は注意が必要。またピーク時は満車になることが多くなかなか停めれない。付近に別のパーキングがないので不便。
料金 無料
周辺施設 トイレ、自動販売機
周辺の観光地 特になし
周辺のおすすめスポット 山田地区(ホタル/6月)
他のおすすめ季節 特になし
注意事項 特になし。
管理人から 萩市内から近いので観光がてらちょうどいい場所。狭い敷地に300本も梅が立っているので、時間は短くなるが見応えはある。また梅に札がかけてあり種類も一目で分かる。そして何より場所が分かりやすい。
しかし良いことばかりでなく悪い所もあった。まず駐車場が足りないということ。たしかにここの駐車場が満車になるのは梅のシーズンだけだろうが、臨時駐車場みたいな場所があっていいと思う。順番待ちしている人もいたので、長居するには気を遣う。
あと園内の真ん中に小休止できる東屋があるのですが、ここに灰皿を置くのは景観を大きく損なう。これは撤去した方がいいと思った。

地図

Pocket
LINEで送る