壇ノ浦の戦いに敗れた平景清が潜んだと言われる洞窟。

景清洞_01
景清洞_02
壇ノ浦の戦い敗れた平家の武将「平景清」が落ちのびて、この洞窟に潜んでいたと伝えられており、景清洞の名の由来になってます。洞内も「兜かけ」「景清明神」「景清つらら」「景清のどんちょう」など、平景清にちなんだネーミングがつけられています。

壁や天井にはポケット(洞内の天井や壁に穿たれた半球状の窪みのこと)、ノッチ(洞の壁に見られる水平な溝のこと)、スカラップ(水流の浸食作用でえぐられた跡の中で、貝殻状の窪んだえぐり跡のこと)が多数見え、天然彫刻を楽しめる。

洞内には平景清にちなんだものが多くあります。

景清洞_03
景清洞_04
景清洞_05
入口から約700メートルが遊歩道と照明の整備された通常観光コースで、バリアフリーに対応しているため車椅子の方でも入洞できベビーカーでも大丈夫。そしてその奥400メートルが探検コースとなっており、ヘッドライトとヘルメット、そして長靴をレンタルしてアドベンチャーが体験できます。探検コースはバリアフリーに対応してません。

貫通型の鍾乳洞で、地下河川が流れる洞窟というか、降雨時には水位が上がって長靴をはいても足が膝まで濡れます(一般の観光コースは大丈夫です。)

管理人は晴天時に入洞しましたが、前日に雨が降ったので探検コースの奥に行けば足元は浸水しました。水位が30センチくらいありましたから。なので景清洞に入るなら濡れてもいい服装で来てください。(天候によっては水が全くない日もあるようです。)

バリアフリーになっているとは言え、管理人が感じたのは「大人より子供が楽しめる」ということ。特に探検コースは懐中電灯がないと真っ暗ですので、本当に探検している感覚になれます。小学生くらいのお子さんは、もしかしたら秋芳洞よりも好きかも知れません。

真っ暗闇を探索するスリル満点の探検コース。

景清洞_06
景清洞_07
探検コースは道がほとんど整備されてませんので、足場は岩でゴツゴツし、しかも滑りやすい。そしてライトを消すと暗闇・・・とリアルな洞窟探検が楽しめます。管理人のように1人でドキドキしながら楽しむのも良し、子供を連れてワイワイ言いながら楽しむのも良し。天井や壁にサンゴ・海藻などの化石を見ることができるので、それを目的で来てもいいでしょう。

基本情報

場所 美祢市美東町赤3108
交通アクセス ①JR新山口駅からバスで60分
②小郡萩道路 絵堂ICから車で5分
バリアフリー 入口から700メートルのみ。探検コースは対象外。
観光客の多さ 多いときで100前後、連休は1日に300前後の人が観光に訪れます。管理人は人が少ない平日の3時くらいを狙って行きましたが、その日は20~30人くらいでした。(入る前、入洞者は名前を書くことになるので分かります)
観光の所要時間 30~60分
料金 観覧料:大人1000円 中~高校生1000円 小学生560円
共通券:大人1500円 中~高校生1500円 小学生840円
営業時間 8:30~17:15(受付は16時30分まで)
休日 無休
駐車場 有り(無料)
周辺施設 トイレ、温泉(景清洞トロン温泉)
周辺の観光地 秋芳洞(車で約10分)
秋吉台(車で約15分)
大正洞(車で約15分)
周辺のおすすめスポット カキツバタ群生地(カキツバタ/5月)
秋吉台サファリランド
管理人から 一般観光コースと探検コースを希望する人の割合は分かりませんが、探検コースを選ぶ人がほとんどでしょう。ぶっちゃけ景清洞は探検コースを選ばないと意味がないくらい。管理人が体験した限りだと、一般コースだけでは満足できません。なので、ズボン(パンツ)が濡れる覚悟でぜひぜひ探検コースをお選びくださいませ。
洞内の撮影は湿気+霧に包まれているため、すぐにレンズが曇ってしまい難しい状況。フラッシュで撮影すると霧で反射しますので上手く撮れません。管理人も何回撮り直しをしたことか。
あと片手は懐中電灯を持つことになりますので、軽装がおすすめ。管理人のように片手に懐中電灯、片手にビデオカメラ、首から一眼レフ、肩にショルダーバッグ、そんな格好では危ないと思います。
インターネットで景清洞について色々と調べたのですが、「個人的に秋芳洞より景清洞の方が好きかも」「子供が気に入ったようです」などの声が。鍾乳洞の広大な景観を楽しむなら秋芳洞、洞窟を探検してドキドキしたいなら景清洞・・・でしょうかね。

地図