【桜を見ながら焼肉が食べれる】防府市和牛弁天さん。

花見×焼肉

防府市で2月9日にオープンした「和牛 弁天」へ取材というかお邪魔してまいりました。

外観を見ると普通の焼肉屋さんに感じますが、桜のシーズンになると店内から桜を楽しむことができる焼肉屋さんへ変わります。私がネットで調べた限りだと花見をしながら焼肉が食べれるお店は全国的に珍しいと思います。

こちらの店舗、以前は別の飲食店が入っていたようで、店内を改装してのリニューアルとなりますね。

外観の様子

取材した日は桜シーズン真っ只中でしたので、周りは桜で囲われていました。

弁天さんは防府市の中心部から少し離れた場所にありますので、こうしたロケーションは郊外ならではかも知れません。

東京のど真ん中にこんなお店があったら1人3万はくだらないお店になるでしょうね。

あと僕の車が止まってますけど気にしないでください(笑

店内の様子

店内は庭(桜の木)が見えるカウンター席、同じくテーブル席、そして座敷となってます。完全な個室というものはなく、間仕切りがある半個室タイプとなります。

他の焼肉店よりも開放的というか、庭があるという高級店のような雰囲気はありますよね。私が見た感じだと家族で楽しむよりもデートとか接待とか、そちらのお客様のほうが需要があるのかなと思いました。

とはいえお客さんの年齢層は本当にバラバラで、家族で来る方もカップルで来る方も、さらに1人焼肉でカウンターに座る方もいらっしゃるようで、色んな使い方ができるお店なのかなと。

あと煙は基本的に上に備え付けられた排煙装置に吸い込まれていくので、そこまで匂いを気にする必要はないかなと。ゼロではありませんが、比較的クリーンな状態で食べることができます。

弁天のメニュー

単品からセットまで一通り揃っているようです。個人的に多すぎないメニュー数がポイント高いです。

中でも人気メニューを聞いてみると意外とお肉以外の一品料理が多いようで、特に「ウニ炊き込みご飯」が人気。

あと肉の金盛りは10,000円なのですが、ばんばん出るとおっしゃってました(笑

■厚切り上牛タン塩
■和牛上カルビ
■シャトーブリアン
■和牛炙り肉寿司
■ウニ炊き込みご飯

オーナーに人気メニューをいくつか聞くとこんな感じ。やっぱり外食、しかも焼肉となると皆さんケチらないんですかね。私だったらまず手が出ないような値段ばかりです。それでも仕入れ値がめっちゃ高いらしく本当に薄利のようですね。

撮影はNGだったのですが、仕入れた段階のお肉も見せていただきました。よくある冷凍の状態ではなくチルド?のもので、触ると本当に柔らかいものでした。体温ですぐ溶けるレベルのサシの入り方なので、個人的に軽く炙った肉をわさび醤油で食べたいと思いました。。。

タレの特徴

左から味噌ダレ、レモン、そしてオーソドックスなしょうゆタレとなります。

弁天のタレは市販の甘味が強く味も濃いドロっとしたタレではなく、サッパリとしてサラッとしたタレとなります。

オーナー曰く、これは肉を食べてもらうためのタレ。あまりにも甘味が強く濃いタレだと肉を旨みがなくなるとおっしゃってました。

なので安い肉を買ってこちらのタレをつけて食べても美味しくないみたいです。つまりお肉の旨みを引き出すためのタレというわけです。

たしかに甘ったるいタレの味がずっと続くと飽きるんですよね、白飯をたくさん食べたいならいいですけど。

オーナー山根さん

オーナーの山根さん。以前は自衛官で航空自衛隊の調理師として30年以上のキャリアがあります。

さすがに焼肉マニアレベルの知識を持っていますから、初めて聞くお話ばかりで楽しかったです。今回の取材も快く受けてくださいました。

独立も悩んだようですが、周囲の方の縁とこちらの店舗のロケーションの良さに惹かれ、そして「お客様が笑顔になる焼肉屋」をコンセプトに開店したそうです。

仕入れについても教えてくださいましたが、ちょっとここでは書けない内容もあるのですみません。ただ話を聞く限り、関西でも有数のお肉卸からわざわざ仕入れており、都会で食べると3倍はかかるお肉を安く提供しているので「コスパ」は最高に高い焼肉店だなと思いました。

ここが良い

全国的にも珍しい「見島牛」を仕入れている数少ない焼肉店です。

こちらは天然記念物となっている牛でして、年間を通じて2〜3頭しか世に出ないと言われています。

萩の見島という場所ですが、地元の方ですら口にする機会はないレベルの牛です。

ちなみに東京の高級店でこのレベルの肉を食べると1枚で2〜3万はかかるんじゃないですかね。

弁天さんでも常に食べれるわけではなく、月に1〜2度しか仕入れることができない貴重なお肉。

予約の段階で聞いてみるか、たまたま食べれたらラッキーだと思ってください。

ちなみに写真はサーロイン。空気に触れるとまた色が変化するのでしょうけど、綺麗な赤には見えません。

けど、こちらのお肉を食べたお客さん曰く「肉の味がいい。」「肉の味が強い。」らしいです。

私も一度は食べてみたいお肉ですけど、数も少ないし値段も高いし、なかなか機会がありません。

どなたか食べたという方がいらっしゃればぜひ味と香りについてコメントください!

ここが改善点

和牛弁天はオープンして間もない店舗ということと、注文が来てからお肉をカットすることもあり、商品提供までお待ちいただくこともあるようです。

効率を重視する焼肉店であれば袋から開けてそのまま並べるだけで提供できる形になってますが、弁天さんは味重視なので、どうしても時間がかかってしまうようです。

ただ従業員のオペレーションは良くなっているようで、オープン当初よりもスムーズに提供できるようになっていると聞きました。なので以前のようなことはないとのことです。

アクセスと駐車場

184号線沿に看板が立ってますので、こちらを入ってすぐの場所にあります。

駐車場は10台以上は止めれますので、狭くて困ることもないと思われます。

歩いてくるのは難しくなりますが、防府駅から車で10分ほどですのでさほど離れている場所ではありません。

あとランチではお弁当のテイクアウトもやっているのでぜひ!

店舗情報

住所山口県防府市東佐波令3158-1
営業時間ランチ 11:00〜14:00(LO 13:30)
※テイクアウト有
ディナー 17:30〜22:30(LO 22:00)
電話番号0835-24-3378
定休日水曜日
席数46席
HPhttps://www.instagram.com/heniubiantianona/
客単価4000円前後
1人焼肉
タバコ全席禁煙
感染症対策入店時(検温、消毒)
従業員(検温、消毒、マスク着用)
店内(間仕切り、定期的な換気)
支払い方法現金、カード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、バーコード決済(paypay、D払い)
個室無(半個室)
駐車場店舗内13台

Googleマップの位置情報

和牛弁天
Pocket
LINEで送る