山口市

重源の郷

重源の郷のあじさいサムネ

重源の郷では6月中旬~下旬にかけて約5000株のあじさいが咲きます。遊歩道が奥の床屋まで数キロと少し疲れるかも知れませんが、ベンチなど休憩所も多く、昔ながらの茅葺き屋根の家や、水車小屋とあじさいがピッタリ調和してます。

そしてあじさいロードと呼ばれる場所では、杣入り(そまいり)の道の両側にあじさいがビッシリと咲く。側に小川が流れており他の名所に比べ「景観」は素晴らしいものがあります。

河原谷公園

河原谷公園のあじさいサムネ

宇宙とテクノロジーをテーマとした大型複合遊具が目を引く河原谷公園。そこに「アジサイの谷」と呼ばれる場所があり、500株前後のあじさいが咲いています。この近辺では数少ないあじさいが楽しめる貴重なスポットです。

東屋や遊歩道が整備されているものの、やや駐車場から距離があるので人は少ない。広場や遊具など公園としてはオススメしたいのだが、あじさいの名所としては微妙である。わざわざ市外から来る価値はないかな。

防府市

阿弥陀寺

阿弥陀寺のあじさいサムネ

「西のあじさい寺」として知られる東大寺別院・阿弥陀寺。県内有数の名所であり、見頃を迎える6月中旬には「あじさい祭り」が開催される。国宝や重要文化財を置く境内に、約80種4000株のあじさいが咲き誇り、多くの見物客が訪れる。

境内は淡い緑に包まれており、その中であじさいの色がいっそう映える。他の名所に比べて散策に時間はかかるが見応えは充分。日本独自の文化の中に、西洋や中国産のあじさいが絶妙にマッチしています。

光市

光あじさい苑

光あじさい苑のサムネ

光市のスポーツ公園内にあります「光あじさい苑」は、約30種15000株のあじさいが咲く県内最大規模の名所です。丘の斜面に咲くので足が不自由な方は散策が難しいが、駐車場から眺めるだけでも十分に楽しめるスポットです。

大きな特徴は展望広場があり、開放感のある景色と共にあじさいを楽しめるところ。もう1つが夜間のライトアップ。この2つは他の名所と違います。さほど混雑せず、ゆっくり散策できます。

山陽小野田市

江汐公園

江汐公園のあじさいサムネ

山陽小野田市の江汐公園、その一角にあります「あじさい園」では約34種4000本のあじさいが咲く。周囲は木々に囲まれ、中心は休憩するための東屋。どこか日本庭園を感じる雰囲気の中であじさいを楽しむことができます。

ただし駐車場から10分ほど歩く必要がありますので人は少ない。時間によっては独り占めできるスポットです。静かにあじさいを楽しむならオススメ。また珍しい品種も見ることができます。