自然林を生かした公園に一際目立つ大賀ハス。

西緑地公園の大賀ハス_01
西緑地公園の大賀ハス_02
西緑地公園の大賀ハス_03
周南市の徳山駅からほど近くにある西緑地公園。広さは27ヘクタールほどで、ここには900種の樹木が植えられいます。市民の方々がウォーキングに利用したり、ベンチに座ってお話ししたりと憩いの場となっています。

そんな西緑地公園の一角に「万葉の森」と呼ばれる場所があり、そこの茶室前の池に約2000株の蓮が咲いています。普通の蓮ではなく、千葉県の落合遺跡で発掘された2000年以上前のハスの実を発芽させた「大賀ハス=古代ハス」と呼ばれるもの。開花に成功させた植物博士である大賀一郎の名をとっています。

ここ万葉の森の大賀ハスは、1977年の前年に岡山から4株の蓮根を譲り受けたのが始まり。昭和51年に西緑地公園の池に移植され、翌年に開花しました。

池の中央に咲くため間近で見ることができません。

西緑地公園の大賀ハス_04
西緑地公園の大賀ハス_05
隣接する2つの池にハスが咲いているのですが、見物できる場所からハスが咲く場所まで1~2メートルほど距離があります。そのため手で触れたり、間近で見ることができません。また周囲は木々に囲まれているので、景観は悪くありませんが開放感はあまり感じない。

咲きはじめは早朝の5~6時頃。満開は8~9時まで続き、お昼前まではそれなりの形で見ることができる。全てのハスが満開になることは難しいですが、シーズンは8月いっぱいまでなので比較的長い期間楽しむことができます。

駐車場には住宅地を通るので少し分かりにくい。

西緑地公園の大賀ハス_06
西緑地公園は駐車場が2ヵ所あり、1つは2号線沿いから入れる「大内側駐車場」。もう1つが県道347号線から入る「若草側駐車場」。大賀ハスが咲く池に近いのは、この若草駐車場となります。大内駐車場からもつながってますが、上り下りが激しい道を徒歩で通らなければなりませんので、おすすめしません。

しかし若草駐車場は大きな案内も出ておらず、住宅地を通るため場所が分かりにくいのが難点。周南市急病診療所や、地域医療支援病院などを目印にした方がスムーズに着けるかも知れません。

基本情報

場所 周南市徳山
シーズン期間 7月中旬~8月上旬(気候により時期の前後あり)
本数 約2000株
種類 大賀ハス
夜間観賞 不可
営業時間 8時30分~16時45分まで開放
※ハスの開花中は終日解放しています
定休日 なし
アクセス ①徳山駅から車で約10分
②徳山東ICから車で約5分
駐車場 無料(約15台)
バリアフリー 段差なし
料金 見学無料
人の多さ 少ない
イベント情報 特になし
周辺施設 ベンチ、トイレ
周辺の観光地 特になし
周辺おすすめスポット 永源山公園(チューリップ/4月)
永源山公園(つつじ/4月)
ツリー祭り(イルミネーション/12月)
他のおすすめ季節 菖蒲(6月)
注意事項 特になし
管理人から 市外から初めて来る方はちょっと駐車場の場所に迷うかも知れない。数は多いし、水面に映る大賀ハスはキレイでしたけど、それ以外は普通のスポットという感じ。遠方から来るほどではないでしょう。ただ日陰は多いので暑さはある程度軽減できます。

地図

Pocket
LINEで送る