滝を取り入れた公園で駐車場もトイレも整備されてます。

鳴滝_01
鳴滝_02
山口から防府へ続く国道262号線を走っている途中にある鳴滝。とにかく看板が小さいので市外から来る人(あまりいないだろうが)は見逃す可能性が高い。同じ道に大きな温泉施設があるので、それを目印に入ると分かりやすいと思います。

車を2分も走らせれば駐車場に着きます。トイレも完備されており、ここでお昼休みをとる人も多い。だいたい滝は山の中に入っていく必要があるので、けっこう面倒な部分もあるのですが、鳴滝の良いところは駐車場から徒歩2~3分で着くということ。山口県内でも有名な観光地ではありませんが、地元の人の集いの場になっているようです。

山口出身の詩人・中原中也の詩牌。

鳴滝_03
鳴滝_04
山口市出身の詩人である中原中也(1907~1937)の詩牌「悲しき朝」。鳴滝を見て詠んだと言われています。※一部を抜粋

「河瀬の音に山に来る。春の光は石のやうだ。筧の水は物語る。白髪の嫗にさも肖てる。」

展望は見晴らしもよく休憩に最適な場所。

鳴滝_05
鳴滝_06
鳴滝は一の滝・二の滝・三の滝に分かれており、三の滝周辺は鳴滝公園として整備されています。一と二は車を停める場所もなく、景観もあまり良くないので鑑賞には向きません。写真は三の滝にある展望ですが、ここから滝を眺めることができ、大人が子供の安全を監視できる場所でもあります。

自然林と滝のパワースポットとして広めたい。

鳴滝_07
鳴滝_08
鳴滝_09
鳴滝は鳴滝川にある滝のこと。この川から小鯖川へ合流し問田川となり、そして仁保川と合流し椹野川へ。滝としては落差が10mと大きくありませんが、水量も多く大きな岩盤と周辺の木々が素晴らしい。山口県では最も手軽に滝が見れるスポットだと思います。観光気分で来るとガッカリするかも知れませんが、マイナスイオンを浴びて気分をリフレッシュするには最適な場所かなと。

ちなみに鳴滝という名前は、山口が「西の京」として街づくりしたとき、京都にある鳴滝を見立てて付けたらしい。

基本情報

場所 〒753-0212
山口県山口市下小鯖八反田
交通アクセス ①JR山口駅からバスで20分→鳴滝バス停から徒歩5分
②中国自動車道山口ICから車で約5分
③山陽自動車道防府東ICから車で約10分
バリアフリー 対応していない。段差が多く足場が不安定。
観光客の多さ お昼休みに涼みに来る方や、夏は子供を連れた家族連れの方が多いが、観光を目的で来る人はほとんどいない。
観光の所要時間 15~20分
料金 無料
営業時間 通年
休日 なし
駐車場 有り(無料)
10台ちょっと停めれます。
周辺施設 トイレ
周辺観光地 瑠璃光寺五重塔
常栄寺雪舟庭
周辺おすすめスポット 瑠璃光寺五重塔(桜/4月)
常栄寺雪舟庭(紅葉/11月)
一の坂川(ホタル/5月)
管理人から 手軽に滝が見れるスポット。しかし周囲に紅葉でもあればいいのですが、水遊びが目的で来る家族が多く、夏以外はあまり楽しめない場所でもある。さすがに県外からわざわざ来る人はほとんどいないだろう。観光地としてはインパクトが弱いと思います。

地図

Pocket
LINEで送る